歯科治療の痛みを軽減させる方法があります

歯科治療は「痛い」「怖い」

f:id:massimilian:20160527190748j:plain

多くの方が、そんなイメージを持っていることと思います。大泉町の歯医者「武安歯科医院」では、歯科治療時の痛みを可能な限り抑えるために、さまざまな工夫を採り入れています。痛みが気になってなかなか治療が受けられないという方も、まずは当院までご相談ください。

レーザー治療を採り入れています

f:id:massimilian:20160527190756j:plain

歯科治療の痛みを大幅に低減するために、当院ではレーザー治療を採り入れています。レーザー治療は、痛みをほとんど感じさせることなく、必要最小限の部分を治療できる最新の治療法です。痛みが少ないだけでなく、殺菌や止血の効果もあるため、治りが早いという特徴もあります(歯科用レーザー)。

症状に合わせて2台のレーザーを使い分けます

「YAGレーザー」「CO2レーザー」という特徴の異なる2台のレーザー治療器を導入しており、患者様の症状に応じて使い分けています。口内炎の治療や歯ぐきの黒ずみ除去などにも使用できますので、ぜひご相談ください。

YAGレーザー
口内炎、知覚過敏などの治療や歯肉のメラニン色素除去、感染した根管の処置、虫歯の予防などに使用します。

CO2レーザー
一般的な歯科用レーザー機器です。歯ぐきなどの切除の能力に優れ、傷の治癒が早いのが特徴です。

注射の前の表面麻酔

歯科治療の前には麻酔注射を行いますが、その注射の痛みに苦手意識を感じている方も少なくありません。当院では、注射前に患部に表面麻酔を施すことで、針を刺す痛みを感じにくくしています。表面麻酔はジェルタイプの塗り薬のため、痛みはなく体にも安全です。

電動麻酔器でコンピュータ制御による注入

麻酔注射の際には電動麻酔器を活用しています。電動麻酔器は、痛みがほとんど出ないほどの極細針を使用できるほか、コンピュータで麻酔の注入速度や量をコントロールするため痛みを大幅に軽減することができます(歯科手術用機器)。