ホワイトニングの痛みの原因

ホワイトニングの施術中またはホワイトニング後に痛みを感じることがあります。長くは続きませんがズキッとした鋭い痛みが特徴です。
 
ではなぜそのような痛みが起きるのかについて説明をします。
 
痛みの出る原因は歯に塗るホワイトニング薬剤にあります。
 
一般的に歯を漂白するホワイトニング剤には高濃度(通常35%程度)の過酸化水素という薬剤が使われています。
 
濃度が薄いものはオキシドール消毒液として薬局でも販売されているのですがこのオキシドール程度の濃度でも通常傷口にふれるとしみて痛みを感じます(歯科用開口器)。
 
ホワイトニングの痛みは実はこれと同じ原理です。
 
高濃度の薬剤が歯の微細な細管やひび割れから内部に浸透し神経に到達すると強烈な痛みを感じます。
 
薬剤の濃度が高ければ高いほどまた施術の時間が長ければ長いほど痛みが発生しやすくなります。
 
ホワイトニングの痛みは一過性のもので施術後通常24時間以内におさまります(ホワイトニング照射器)。
 
したがって最も有効な対処