小児歯科について

歯科受診をする際、内科や外科の病院を選ぶ以上に医院の選択には慎重になる方も多いのではないでしょうか。

f:id:massimilian:20160804101927j:plain

多くの方は、知人や家族の紹介から口コミまで、様々な情報収集を行い様々な条件で選定した歯科医師のもとを訪れることと思われます。

 

特に、お子様を歯科受診する際には、様々な観点からの注意も必要となってくるのではないでしょうか。

幼いお子様であれば、多くが初めての受診であることがあります。

その際に、やはり小児歯科を選択希望される保護者の方は多いのではないでしょうか。

大人の方であれば、通常の歯科医院を訪れ経験されていることと思われますので、小児歯科について以下に挙げていきたいと思います。(歯科用診療ユニット

 

初めての受診が、その子にとって歯や口に関することの一生を左右するかもしれないということが言えます。大袈裟に思われがちですが、歯科医院での受診を好まれない子どもから大人までたくさんいらっしゃいますよね。

それではまず、小児歯科について。「小児歯科」と掲げている医院には、「小児歯科専門医」という医療機関で5年以上の臨床経験と報告を行い、小児歯科臨床の試験に合格した専門医がいるということです。

それは、患者が幼いお子様ゆえに必要な知識や成長発育状態、大人以上にコミュニケーションを図りながら診療や治療を進めていく必要があるからです。

 

医院独自でやり方は多種多様であるかもしれませんが、初めての小児歯科を訪れ治療や検診を行うまでの間、または治療後においてもお子様用に考えられたカリキュラムがきちんと組まれています。

 

お子様にとっては初めての歯科医院で、緊張や不安でいっぱいになっていることと思われます。一緒にいる保護者の方も同時に、お子様のことが不安でいっぱいでしょう。

口腔内カメラ) 

治療や検診に当たるうえで、導入と呼ばれる工程から入ります。