虫歯ができてしまったら

虫歯は細菌による感染症ですが、風邪のように自然に治ることはありません。一度虫歯にかかった歯は、症状が進行していくだけです。初期の虫歯には痛みがないため、自覚症状がなく、なかなか自分では気づきません。しかし、発見が遅れることで治療が困難になり、最悪の場合は歯の神経を除去したり、抜歯したりする処置が必要になることもあるのです。

f:id:massimilian:20170104174849j:plain

進行した虫歯の治療には、時間もお金もかかります。自分の歯で食べものを噛みしめる幸せを実感し続けるためにも、できてしまった虫歯は少しでも早く治療しましょう。自覚症状がない早期の段階で発見するために、当院では定期検診をおすすめしております(コントラアングル)。

ごく初期の虫歯も、見逃しません

レーザーの反射光を読み取ることで、高い精度で虫歯を発見できる「ダイアグノデントペン」を採用しております。歯質の変化を数値化することによって、虫歯の進行段階を把握して削らなくてはいけない虫歯を見極められるだけでなく、削らなくてよい虫歯の判断も可能に。以前なら削っていた虫歯も、「ダイアグノデントペン」を用いて進行具合を正確に把握することによって、予防処置による経過観察だけですむというケースもあります。

f:id:massimilian:20170104174901j:plain

また、「ダイアグノデントペン」で虫歯を早期に発見することで、「ミニマルインターベンション(治療と修復における歯質の損傷を最小限にとどめること)」を徹底できます。早期発見・早期治療を心がけて大切な歯を守りましょう(虫歯診断装置)。