歯茎の口内炎の痛みを3日で取るために避けてほしいこと

f:id:massimilian:20170427163230j:plain

1.触ったり、潰したりしない

口内炎の痛みの多くは接触痛です。触らなければ痛みが出ないのです。口内炎の痛みを取るには安静にすることが重要です。極力刺激を与えないようにし、歯磨きのときなど

2.刺激のある食事を避ける

口内炎の場所は歯茎が一枚めくれているのと同じ状態です。醤油やお酢など味が濃いものや刺激があるものは歯茎がしみて、痛みが強くなりますので避けるようにしてください。(ハンドピース

3.アルコール系の洗口剤は使わない

アルコールは水分を乾燥させてしまいます。唾液によって守られている口内炎の傷の部分が乾燥してしまうと痛みが強くなります。また、アルコールは消毒剤と思われていますが、傷口を悪化させてしまう作用があります。新しい研究では傷口に消毒薬などの薬は効果がないと言う報告があります。口内炎のときは洗口剤や歯磨き粉は控えるようにしてください。(歯科診療ユニット