歯茎の色を健康なピンク色にする方法

歯肉炎を改善させる

自宅で丁寧なブラッシングを

歯肉炎によって歯茎が変色している場合は、自宅でブラッシングする際に歯と歯茎の境目をしっかりと磨いてあげることです。歯垢が蓄積しやすい箇所を丁寧に磨いてあげることで、歯肉炎を悪化させるのを防ぎます。

歯医者さんでのクリーニング

歯医者さんでは、セルフケアでは落とせない歯垢もクリーニングによってきれいに落とすことができます。検査を受けて歯周病であると診断されたら、保険内で受けることができます。歯磨きでは落とせない歯石を「スケーリング」という手法で除去してくれます。(歯科用バイブレーター

f:id:massimilian:20170707153814j:plain

 ガムピーリング

歯茎の黒ずみをきれいに改善させる方法として「ガムピーリング」という手法があります。歯茎の古い皮質を剥く(ピーリング:peeling)ことで、新しい皮質に生まれ変わります。きれいなピンク色の歯茎にしたいという方に適しています。

ガムピーリングの流れは、まずは歯肉をきれいに消毒してから、痛みを和らげる表面麻酔(塗る麻酔)を塗り、薬を塗布して洗浄、乾燥、という手順で行っていきます。レーザーを使った治療を行うこともあります。(歯科用マイクロスコープ

ガムピーリングの後はお口の中を清潔にして、食事の際は刺激の強いものは避けるようにする必要があります。また、タバコも控えなければいけません。