知覚過敏とは

 知覚過敏とは、むし歯ではないにもかかわらず、歯が主に冷たいものなどの温度刺激によって過敏に反応してしまい、一時的に痛みを伴うものをいいます。一般的には成人以降に見られ、歯周病の進行に伴い、歯茎が下がることによって歯の根元に起こる場合が多く見られます。もともと歯茎から出ている歯の部分というのはエナメル質に覆われているため、温度刺激を受けてもしみることはありません。しかし、歯周病などにより歯茎が下がると、エナメル質の層がない歯根が露出し、その部分から刺激を感じ取りやすくなるのです。(ホワイトニング照射器

f:id:massimilian:20170731115338j:plain

知覚過敏の症状はどんな感じ?

 知覚過敏の症状で最も多いのは「冷たいものでしみる」というものです。冷たい飲み物やうがいの時の冷たい水、そして冷たい空気でもしみます。また、冷たいものだけでなく、甘いものや味の濃いもの、酸味の強いもの、熱いものでしみることもあります。しかし、いずれの場合でも、しみる症状は一時的なもので、長くて1分もせずに治ってしまうことがほとんどです。そして、刺激を与えなければ痛むことはありません。(オートクレーブ 歯科