歯茎がかゆくなる原因とは?

歯周病

歯周病は、歯や歯の間に歯石がたまり、歯周ポケットと呼ばれる部分が炎症を起こす病気です。歯周病が進むと歯周組織が破壊され、歯を失う原因になります。歯周病に悩まされている人は、自覚がない人も多く、気づいたときには病気が進行しているケースも少なくありません。歯周病の症状は、赤みやはれ、出血や口臭などのほか、ムズムズとしたかゆみに悩まされることも。放っておくと、歯がグラグラとし、最終的には抜けてしまうこともあります。(オートクレーブ

 

虫歯

痛みのイメージが強い虫歯ですが、自覚のないまま進行すると歯茎がかゆくなることがあります。歯茎の中まで虫歯が進行し、溶けた歯が歯茎を刺激することで、かゆみが引き起こされるのです。歯の神経はつながっているため、数本分の歯茎が痛み、かゆみを感じるようになります。
最近、なんとなく、歯がムズムズかゆいなと感じる方は、虫歯が進行している合図です。見逃さないようにしましょう。

f:id:massimilian:20171010165832j:plain

アレルギー

食べ物のアレルギー、歯科用の金属によるアレルギーで、歯茎がかゆくなることも多いです。口腔内にブツブツとした斑点や発疹が見られる場合は、食べたものを確認してください。歯の治療の後にかゆみを感じる場合は、歯科用の金属や歯の詰め物が原因かもしれません。また、歯磨き粉が合わずアレルギーを引き起こすこともあります。

ストレス

歯とストレスは一見関係なさそうに見えますが、過度なストレスは、体全体に大きな影響を及ぼします。歯のかゆみもその1つ。原因は、ストレスによる免疫力の低下です。 また、ストレスを受けたとき、歯をかみしめている、歯と歯をすり合わせるクセがある人は要注意。歯に強い力がかかると、歯は少しずつ動き歯並びが悪くなることも多いです。かみ合わせも悪くなり、常に歯がムズムズするといった症状に悩まされてしまいます。大人になると歯茎の状態も悪くなり、歯が動きやすくなりますので気をつけましょう。(歯科 口腔内カメラ

歯肉炎

歯肉炎は、口くう内にたまる歯こうが原因です。歯磨きを十分にできていない、砂糖の多い食べ物を好む人は、口くう内で細菌が増殖しやすくなり、歯こうが増えます。また、細菌自体が歯茎内に侵入し炎症を引き起こす原因となるのです。症状が進行すると、歯茎がぶよぶよとして出血などの症状が現れます。