歯のかゆみの対処法

歯周病対策

初期段階の歯周病ならば、正しく上手に歯磨きすることでかゆみを取り除くことができます。大切なことはプラークが溜まりやすい歯と歯の間や奥歯、歯と歯茎の境目を丁寧に磨いてあげることです。しかし、通常の歯ブラシだけでは歯の細かい隙間の部分を磨くことは困難なので、「デンタルフロス」や「歯間ブラシ」を使うことで、隙間のプラークを除去していきましょう。(手術用無影灯

また、歯医者さんで専用の機器と研磨剤を使って、徹底的にプラークを除去する方法があります。最後にはフッ素塗布によって歯をコーティングしていきます。

f:id:massimilian:20171108123937j:plain

歯磨き粉を代えるだけで「かゆみ」が消えるかも

歯茎のかゆみは、ちょっとしたことで改善されることもあります。歯磨き粉がアレルギー反応を引き起こしている場合は、歯磨き粉を別のものに代えてあげることで、かゆみが無くなることもあります。ぜひ試してみましょう。

一度、歯医者さんに診てもらう

かゆみの原因を知るには、一度、歯医者さんに診てもらうことも大事です。自己判断だけでは難しいこともあります。虫歯なら早めに治療してもらい、親知らずの場合は抜歯するかどうかの判断をしてもらいましょう。もし歯周病であった場合でも、初期段階なら治療も簡単に済むはずです。(コントラアングル
歯周病が気になったあなたは、全国のおすすめ歯医者さんが予約できる下記のコラムをご覧ください。