酸蝕歯の予防方法

食習慣を見直し
最初にするべきことは「食事の時間を決めて、なるべく間食をしないこと」です。だらだらと食べ物を口にしていると、口腔内はずっと酸性のままになってしまいます。もちろん、酸性の飲み物を頻繁に飲むのもNGです。水分補給は、なるべく緑茶・ウーロン茶など中性の飲み物にしましょう。(オートクレーブ 歯科

f:id:massimilian:20180319180151j:plain

酸性の食品を口にしたら
「酸性の食品をゼロにする」というのは、非現実的です。そこで、酸性の食品を口にしたら、すぐに水・お茶などで口の中を洗い流すようにしましょう。問題なのは「口腔内に酸性の食品が長く残ること」です。すぐに洗い流してしまえば、それほど悪影響はありません。

食後30分が経過してから歯を磨く
口の中を衛生的に保つことは大切ですが、食後、すぐに歯を磨くのはNGです。酸性の食品を口にした直後は、歯の表面が柔らかくなっています。その状態でゴシゴシと歯を磨くと、歯の表面を削り取ってしまいます。(口腔内カメラ