タバコが口腔内に与える影響

「タバコは体に悪い。」
耳にタコができるほど聞いた話だと思いますが、
「タバコが口の中に与える影響」については聞いたことがない人もいるのではないでしょうか?
考えてみれば、タバコを吸ったとき、一番最初にその煙に触れるのは口の中。
タバコは口の中にも様々な悪影響を及ぼすのです。

具体的にはタバコが口腔内に与える影響は大きく分けて3つ
歯周病の増悪
②歯や歯肉の着色
③口臭

が挙げられます。

【①歯周病の増悪】

歯周病とは、炎症が歯を支える骨(歯槽骨)に及び、骨量が減少してしまう病気で、歯を残せなくなる主な原因の1つとなっています。
タバコが何故この歯周病に影響を与えるのでしょうか?
口の中には数多くの細菌が存在し、その中の一部の細菌が歯周病の原因となっています。
そしてタバコは、菌に対抗する体の機能を阻害します。

具体的には
⑴血管の収縮(血流量が減り、免疫細胞や栄養素が必要なところに届きにくくなる他、老廃物がたまりやすくなる。)
⑵免疫細胞の機能の阻害
⑶歯肉の繊維化(歯周病を発見し辛くなり、悪化を見過ごしてしまう)
⑷歯肉の修復の阻害

がタバコによって引き起こされ、これによって、歯周病が増悪し易い環境になってしまいます。

【②歯や歯肉の着色】

歯にヤニがつくというのは聞いたことがあるかもしれませんが、これはタバコに含まれる有害物質のうち、主にタールによって引き起こされます。

毎日の歯磨きや歯科医院での定期的なクリーニングをしっかり行なっていても、長年の喫煙による着色はなかなか防ぎきることができません。

また、タバコは歯だけでなく、歯肉にも黒く着色することがあり、見た目の上で好ましくない状態になることも少なくありません。

【③口臭】

タバコは歯周病の増悪因子であるため、単純にタバコの臭いがするだけでなく、歯周病の悪化に伴い、歯周病原因菌の出す臭いも口臭に加わり易くなります。

タバコの臭いが強いため、それによって隠されているだけで、歯周病によって素の口臭も強くなっている場合が散見されます。

これらのことから、一般的に知られている呼吸器への影響はもちろんのこと、口腔内においても、タバコは吸わない方が良いと言えます。

ちなみに「最近出た電子タバコや非燃焼加熱式タバコはどうなんですか?」と聞かれることがあります。

これらに関しては、長期のデータがまだ出ていないので、見解という形になってしまうのですが、

口の中に関して言えば、「タバコを吸っているのと大きく変わらない」と考えられています。

そもそもこれらは

電子タバコ…ニコチンを含んだ液体を加熱してその蒸気を吸う

非燃焼加熱式タバコ…タバコの粉末を混ぜたシートを加熱してその蒸気を吸う

という仕組みであり、従来のタバコに比べてタールなどによる着色が起こりにくいものもありますが、

歯周病増悪の主要因であるニコチンについては十分な減少が確認されていません。

また、日本歯周病学会の公式見解(ポジション・ペーパー)では「通常のタバコよりも口腔内への有害作用が大きいものもある」ともされており、

口腔内においては、従来のタバコと同様に吸わない方が良いと言えます。

--------------------------------------------------------------- 
dentaltools.jpデジタルワックスペン真空成型器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。