口腔外バキュームーーーー歯科医院にとって、不可欠な装置

皆様、口腔外バキューム(口腔外サクション)をご存知でしょうか?

口腔外バキューム(口腔外サクション)というのは名前の通り口の外にある大きな吸引装置(掃除機のようなもの)です。

診療室に浮遊する金属や歯の削りカス、人から人に感染するB型、C型肝炎ウィルス及びエイズウィルスや風邪のウィルス、様々な細菌などは吸い込んだ人体に悪影響を及ぼす原因となってるといわれております。

口腔外バキューム(口腔外サクション)はこれらの有害な浮遊物を患者さんの口元で吸引することによって診療室内をクリーンに保ち院内感染のリスクを減らす役割があります。

口腔外バキュームの利点について
1.歯を削るなどするときには、歯の削りかす、金属片、血液、細菌など目に見えない細かい粉塵がたくさん飛び散ります。口腔外バキュームは、これらの粉塵を患者様が知らず知らずの間に吸い込んでしまうのを防ぎます。
2.歯を削ったり、歯石を取ると、顔や着衣に水しぶきがかかってしまいます。口腔外バキュームを使用することにより、水しぶきがかかるのを防ぎます。
3.歯を削ったり、歯肉を切ったりすると、嫌な臭いが発生します。口腔外バキュームは、治療時に発生する、不快な臭いを除去します。また、着衣や頭髪に臭いがつくのを防ぎます。

口腔外サクションは歯科医院にとって大切なものです。患者さんが安心して治療をうけることができます。

----------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科移動式口腔外バキューム紫外線uv殺菌灯などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

口呼吸について

普段息をしている時、鼻からですか?口からですか?
子供の頃、両親に「口を閉じなさい」と言われた事はありませんか?
鼻呼吸は子供の頃に習慣化されます。
しかし風邪や鼻炎などをきっかけに、口呼吸が癖付いてしまうことがあります。
口呼吸はアレルギーを引き起こしてしまったり、睡眠時無呼吸症候群になってしまったりします。

それではチェックしてみてください。
・いつも口が開いている
・鼻が詰まりやすい
・口が乾きやすい
・口を閉じると苦しい
・イビキをかきやすい
・口臭が気になる

どうですか?あてはまるものはありますか?

口呼吸の人は、口が開いているので、口が乾燥しやすくなります。

そのため、唾液(ツバ)の量が少なくなり、虫歯や歯周病になってしまう可能性が高くなります。

唾液には、溶けた歯を修復する再石灰化作用や、口の中を洗い流す自浄作用、菌の繁殖を抑える緩衝作用などがあります。

これらの作用が低下すると、虫歯になったり、歯茎が腫れやすく歯周病が進行したりします。さらに、歯の表面が乾燥し着色しやすくなったり、口臭の原因にもなります。

ここで、いくつかの鼻呼吸への戻し方を紹介します。

①鼻呼吸を意識する
息をする時は、唇を軽く閉じ、鼻で息をすることを意識する。

②耳鼻科などで治療を受ける
花粉症や鼻炎のある方は口呼吸になりやすいです。

③口にテープを貼る
縦に一本
テープは肌や口に影響のないものにしてください。
市販の口呼吸防止用テープのほか、
サージカルテープ(包帯を止めるテープ)でも代用できます。

④顔の筋肉を鍛える
顔の周り筋肉を鍛えて、口を閉じやすくする。

⑤枕を替える
自分に合った高さのものにする。

口呼吸はたくさんの病気につながる第一歩です。

美容にも悪影響を及ぼします。

この機会に、無理なく鼻で息ができるように練習してみましょう。

-------------------------------------------------------- 

dentaltools.jp紫外線uv殺菌灯歯科用サクション・バキュームなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

歯周病と糖尿病

糖尿病の人は歯周病になりやすい
糖尿病と歯周病は、まったく別の病気というイメージが強いでしょう。
しかし、以前から歯周病は糖尿病の合併症の1つであると言われてきたのです。
実際に、糖尿病の人が歯周病である確率は、通常の人に比べて約2倍というデータがあります。
また、糖尿病患者は歯周病が重症化しやすい傾向があり、糖尿病の罹患期間が長いほど歯周病罹患率が高いことも分かっているのです。
歯周病と糖尿病の関係については、まだはっきりと分かっていません。

歯周病の人は血糖値が悪い
歯周病が進行した人ほど、血糖値が悪いと言われています。
そして、その状態が歯周病菌を増やす原因になっているのです。
たとえば、高血糖の状態だと浸透圧の関係で尿が多く出るため、体内の水分が減少して喉や口が渇きやすくなります。
口の中が乾燥すると、歯周病の原因となる菌が繁殖しやすくなるのです。

-------------------------------------------
dentaltools.jpホワイトニング照射器歯科診療ユニットなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

歯周病と糖尿病

糖尿病の人は歯周病になりやすい
糖尿病と歯周病は、まったく別の病気というイメージが強いでしょう。
しかし、以前から歯周病は糖尿病の合併症の1つであると言われてきたのです。
実際に、糖尿病の人が歯周病である確率は、通常の人に比べて約2倍というデータがあります。
また、糖尿病患者は歯周病が重症化しやすい傾向があり、糖尿病の罹患期間が長いほど歯周病罹患率が高いことも分かっているのです。
歯周病と糖尿病の関係については、まだはっきりと分かっていません。

歯周病の人は血糖値が悪い
歯周病が進行した人ほど、血糖値が悪いと言われています。
そして、その状態が歯周病菌を増やす原因になっているのです。
たとえば、高血糖の状態だと浸透圧の関係で尿が多く出るため、体内の水分が減少して喉や口が渇きやすくなります。
口の中が乾燥すると、歯周病の原因となる菌が繁殖しやすくなるのです。

-------------------------------------------
dentaltools.jpホワイトニング照射器歯科診療ユニットなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

歯周病と糖尿病

糖尿病の人は歯周病になりやすい
糖尿病と歯周病は、まったく別の病気というイメージが強いでしょう。
しかし、以前から歯周病は糖尿病の合併症の1つであると言われてきたのです。
実際に、糖尿病の人が歯周病である確率は、通常の人に比べて約2倍というデータがあります。
また、糖尿病患者は歯周病が重症化しやすい傾向があり、糖尿病の罹患期間が長いほど歯周病罹患率が高いことも分かっているのです。
歯周病と糖尿病の関係については、まだはっきりと分かっていません。

歯周病の人は血糖値が悪い
歯周病が進行した人ほど、血糖値が悪いと言われています。
そして、その状態が歯周病菌を増やす原因になっているのです。
たとえば、高血糖の状態だと浸透圧の関係で尿が多く出るため、体内の水分が減少して喉や口が渇きやすくなります。
口の中が乾燥すると、歯周病の原因となる菌が繁殖しやすくなるのです。

-------------------------------------------
dentaltools.jpホワイトニング照射器歯科診療ユニットなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

入れ歯と金属アレルギーの関係について

歯科治療で用いられる材料には、さまざまな金属が含まれています。例えば、銀歯と呼ばれる補綴(ほてつ)装置ひとつとっても、その中には金や銀、パラジウムなど複数の金属が含まれているのです。それは入れ歯も例外ではありません。昨今、そんな「歯科用合金」による金属アレルギーが話題になっています。

▼入れ歯にはたくさんの金属が使われている?

入れ歯というと、その大部分が「レジン」と呼ばれる歯科用のプラスチックで構成されていることから、金属アレルギーとは無縁のように感じますよね。けれども、入れ歯の種類によっては、金属も使われている場合があります。例えば「部分入れ歯」には、クラスプと呼ばれる金属製の留め具が設置されています。これも一つの立派な歯科用合金です。また、入れ歯には「連結子(れんけつし)」と呼ばれる金属製のフレームも存在しており、想像以上に金属が使われているものなのです。

▼金属を使わない設計、金属アレルギーのリスクの少ない金属を使用する

入れ歯による金属アレルギーが不安な方は、可能な限り金属を使わない設計にすることで、そのリスクを低くすることができます。例えば、ノンメタルクラスプデンチャーであれば、金属製のクラスプを使わない設計となっていることから、自ずと金属製アレルギーのリスクも少なくなります。また金属アレルギーのリスクの少ないチタンを使用するのも有効です。

▼検査を受けてアレルゲンを特定する

お口の状態によっては、金属を一切使わずに入れ歯を製作することが不可能な場合もあります。そうしたケースでは、事前にパッチテストなどのアレルギー検査を受けて、アレルゲンとなる金属を特定しましょう。入れ歯を作る際には、その金属だけ避けた設計にすれば良いのです。

▼まとめ

このように、入れ歯にもいろいろな部位に金属が使われることから、金属アレルギーのリスクが存在します。

----------------------------------------------------- 

dentaltools.jp歯科用LED光重合照射器超音波スケーラー用チップなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

タバコが口腔内に与える影響

「タバコは体に悪い。」
耳にタコができるほど聞いた話だと思いますが、
「タバコが口の中に与える影響」については聞いたことがない人もいるのではないでしょうか?
考えてみれば、タバコを吸ったとき、一番最初にその煙に触れるのは口の中。
タバコは口の中にも様々な悪影響を及ぼすのです。

具体的にはタバコが口腔内に与える影響は大きく分けて3つ
歯周病の増悪
②歯や歯肉の着色
③口臭

が挙げられます。

【①歯周病の増悪】

歯周病とは、炎症が歯を支える骨(歯槽骨)に及び、骨量が減少してしまう病気で、歯を残せなくなる主な原因の1つとなっています。
タバコが何故この歯周病に影響を与えるのでしょうか?
口の中には数多くの細菌が存在し、その中の一部の細菌が歯周病の原因となっています。
そしてタバコは、菌に対抗する体の機能を阻害します。

具体的には
⑴血管の収縮(血流量が減り、免疫細胞や栄養素が必要なところに届きにくくなる他、老廃物がたまりやすくなる。)
⑵免疫細胞の機能の阻害
⑶歯肉の繊維化(歯周病を発見し辛くなり、悪化を見過ごしてしまう)
⑷歯肉の修復の阻害

がタバコによって引き起こされ、これによって、歯周病が増悪し易い環境になってしまいます。

【②歯や歯肉の着色】

歯にヤニがつくというのは聞いたことがあるかもしれませんが、これはタバコに含まれる有害物質のうち、主にタールによって引き起こされます。

毎日の歯磨きや歯科医院での定期的なクリーニングをしっかり行なっていても、長年の喫煙による着色はなかなか防ぎきることができません。

また、タバコは歯だけでなく、歯肉にも黒く着色することがあり、見た目の上で好ましくない状態になることも少なくありません。

【③口臭】

タバコは歯周病の増悪因子であるため、単純にタバコの臭いがするだけでなく、歯周病の悪化に伴い、歯周病原因菌の出す臭いも口臭に加わり易くなります。

タバコの臭いが強いため、それによって隠されているだけで、歯周病によって素の口臭も強くなっている場合が散見されます。

これらのことから、一般的に知られている呼吸器への影響はもちろんのこと、口腔内においても、タバコは吸わない方が良いと言えます。

ちなみに「最近出た電子タバコや非燃焼加熱式タバコはどうなんですか?」と聞かれることがあります。

これらに関しては、長期のデータがまだ出ていないので、見解という形になってしまうのですが、

口の中に関して言えば、「タバコを吸っているのと大きく変わらない」と考えられています。

そもそもこれらは

電子タバコ…ニコチンを含んだ液体を加熱してその蒸気を吸う

非燃焼加熱式タバコ…タバコの粉末を混ぜたシートを加熱してその蒸気を吸う

という仕組みであり、従来のタバコに比べてタールなどによる着色が起こりにくいものもありますが、

歯周病増悪の主要因であるニコチンについては十分な減少が確認されていません。

また、日本歯周病学会の公式見解(ポジション・ペーパー)では「通常のタバコよりも口腔内への有害作用が大きいものもある」ともされており、

口腔内においては、従来のタバコと同様に吸わない方が良いと言えます。

--------------------------------------------------------------- 
dentaltools.jpデジタルワックスペン真空成型器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。