ホルモンバランスと歯周病の関係

歯周病は体のホルモンバランスが崩れたときに悪化しやすいです。
これはどういうことなのか解説していきます。

1、歯周病とは?
歯周病歯槽膿漏)とは、歯を支えている骨や歯ぐきが感染して炎症をおこし、腫れ、出血、痛み、グラつき、口臭といった症状が出て最終的には抜けてしまう、とても恐ろしい病気です。
最近ではこの歯周病が、心筋梗塞脳梗塞、そして糖尿病など全身の命に関わる病気と密接なつながりがあることがわかっています。
歯周病は末期になるまで痛みや自覚症状があまりないので自分では気づきにくく、サイレントディズィーズと言われています。
そして30歳以上の約8割が歯周病にかかっています。そして50代後半から急速に歯周病が原因で歯を失うようになってしまいます。
歯を失う原因で一番多いのは虫歯ではなく、歯周病です。この歯周病をいかに抑えるかが、歯を生涯残す鍵なのです。

2、歯周病の原因は?
歯周病は細菌感染です。歯垢、歯石の細菌が歯周病の原因です。歯に付着した細菌は歯垢という固まりになりますが、3ヶ月ぐらい立つと、唾液の中のカルシウムと結合して硬い歯石になります。
この歯石の裏には、酸素を必要としなくて毒性の強い歯周病菌が増殖していきます。
これが歯周ポケットを深くして歯ぐきに炎症を起こして、歯を支えている顎の骨を溶かしていくのです。
支えのなくなった歯は歯ぐきだけでつながっています。この状態ではグラグラして物を噛むことは難しくまります。
そして最後には歯を失ってしまうのです。

3、ホルモンバランスとの関係は?
ホルモンの中でも、特に女性ホルモンが歯周病と関わりがあります。
女性ホルモンが多くなると歯肉の血管の中の血流量が増えて、腫れたり失血しやすくなります。
そうなると傷口から歯周病菌が入り込み、重症化しやすくなります。
女性ホルモンの変化が大きい時期は、妊娠と出産の時期でしょう。
よく、「出産したら子供に栄養を取られて歯と歯ぐきが悪くなった」などということを聞きます。
これは全くの間違えで、ホルモンバランスの変化と、つわりで戻すことで胃酸が口に残って酸性になり、歯が溶けたりするためです。

さらに、気持ち悪くて歯ブラシがおろそかになってしまい、口の中の衛生環境が悪化することも大きな原因です。
また更年期になると、女性は体調が大きく変わります。これには女性ホルモンが関わっていて、
骨粗鬆症の薬であるエストロゲンも女性ホルモンの一種です。
そのため、この時期も歯周病に羅患する可能性が高まると言えます。

このように女性は男性よりも歯周病になりやすい条件が揃っているので、注意が必要です。
もちろん男性もお口のケアを怠れば、歯周病で歯を失いますので頑張って毎日歯ブラシを欠かさないようにしましましょう。

----------------------------------------------------- 

dentaltools.jp口腔内カメラ紫外線uv殺菌灯などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

歯と全身疾患の関係

お口は食べ物を最初に取り込む器官です。現在では口の中の環境が全身の健康状態や病気と深く関係があることが分かっています。
特に虫歯や歯周病があると、死に至る病気のリスクがとても高くなります。
そのため、たとえ歯や歯ぐきの症状が大したことなくても全身の病気が悪化して取り返しがつかなくなるまでに、早めに治療を受けましょう。
具体的に歯と歯茎に関係のある全身の病気にはどのようなものがあるのでしょうか?

1、歯と全身疾患との関係
歯周病と関係のある全身疾患は、次の通りです。
心筋梗塞狭心症・虚血性心疾患など心臓の病気、糖尿病、肺炎などの肺の病気、また妊婦さんが早産や流産になる確率が上がります。
糖尿病は体調が悪くなるだけでなく失明や手足が腐って切断のリスクがあります。
心臓の病気は生死に直結するため、体調が悪くなった場合は一刻を争う事態になります。

2、心臓の病気
口の中に虫歯や歯周病があると、その原因菌が傷口から心臓に流れて心臓を動かしている血管に炎症を起こして動脈硬化心筋梗塞になる可能性があります。のじょうたい
歯周病に罹患している人の心臓の病気で死亡する確率は、歯周病がない人の2~3倍になります。

3、糖尿病
糖尿病になると歯周病にもかかりやすくなります。
糖尿病は血糖値を上昇させ、病気に対する抵抗力を低下させ、歯周病になる確率が健康の人の2倍にあがります。

4、肺炎
こちらも口の中の細菌や病原菌が誤って肺に入り、誤飲性肺炎を引き起こします。
この病気は抵抗力が弱かったり、たべものをよく噛んで呑み込めない高齢者に多い病気です。

5、早産・流産
妊婦時に歯周病があると歯周病菌が子宮や胎盤に感染することで早産や流産の可能性が高まると考えられています。
また本人だけでなく、出産後に子供に口移しに食べ物を与えたりキスをすることで、子供に虫歯菌や歯周病菌を移してしまいます。

6、外見への影響
歯がなくなると、口の周りのしわが増えて実際の年齢よりも老けて見えるようになります。
しゃべるときも活舌が悪くなるので人との話がおっくうになてしまいます。
またよく噛めないことで食べ物を飲み込むようになり、肥満や脳の働きが鈍くなったり病気がちになってしまいます。
このように口の中というのは、全身の状態と大きく関りがあります。

-----------------------------------------------------

dentaltools.jpマイクロモーター歯科移動式口腔外バキュームなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

長寿の秘訣は口腔ケア!

★歯を失うと認知症のリスクが2倍になる!?

 厚生労働省は、要介護認定を受けていない65歳以上の方を限定とした研究で、自分の歯が20本以上ある人に比べ、歯がほとんどなく入れ歯も使っていない人は、認知症になる確率が1.9倍にも高まるという研究結果を発表しました。

同様に、あまり噛めない人のリスクは、何でも噛める人の1.5倍、かかりつけ歯科医院のない人は、ある人の1.4倍も高まるのだそうです。
 これまでは歯の状態と認知症の関係は分かっていませんでしたが、この研究結果により、歯を失うことや噛めなくなることで、認知症のリスクが高まることが分かりました。

★歯を失う原因は?

 日本人が歯を失う原因のNo.1は、歯周病です。

歯周病とは、歯周病菌によって少しずつ歯を支える歯槽骨が溶かされていく病気です。

痛みがないので、気づかぬうちに症状が進行し、気がついた時には歯がグラグラしてやがて歯が抜ける、という状態になります。また、歯周病は、糖尿病をはじめ、狭心症心筋梗塞脳梗塞骨粗鬆症、低体重児出産など、様々な全身の病気と関わっています。

お口の中を健康に保つことが、全身の健康や長生きにつながるのです。

PMTCを受けよう

 むし歯や歯周病を予防する一番効果的な方法は、「歯磨き」ですが、どうしても自分では磨きにくいところ、磨ききれないところがあります。

長い間同じ場所に残ってしまったプラークは、虫歯や歯周病のリスクになりますので、むし歯・歯周病予防として、「PMTC」というプロによるクリーニングを受けることをお勧めします。

------------------------------------------------ 
dentaltools.jp輸液ポンプ歯科用インプラント装置などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

クリーニング・ホワイトニング

○クリーニング

歯の 『クリーニング』 は、歯科医院で行われる歯垢・歯石除去や着色を落としたりする口内ケアのことです。

毎日、ブラッシングを丁寧に行っていてもそれだけでは全ての汚れを落とすことはできません。

クリーニングは専門の機器や技術を用いて行われるので、毎日のブラッシングでは落としきれない汚れ、歯垢、歯石の原因などを取り除くことができます。

クリーニングでタバコやワイン、コーヒーといった飲食物による色素の沈着を落とすことができます。

ただし、クリーニングにホワイトニング効果はありません。

あくまでも、歯本来の色を取り戻すものです。

歯をさらに白くするためにはホワイトニングを行う必要があります。

クリーニングには基本的にデメリットはありませんが、クリーニング直後はステインが付着しやすいので要注意です。

なので、クリーニングが終わってから半日ぐらいはワインやコーヒーなど着色しやすい飲食物を避けることが大切です。

また、1度だけのクリーニングでは歯の色を取り戻したり、口臭を改善・予防したりするのは難しいので、定期的にクリーニングを行うことをおすすめします。

なおクリーニングは、できるだけ本来の歯の色になるようにしていくものなので、ホワイトニングの効果はありません。

ホワイトニングは、見た目を美しくすることを目的として行われるもので、クリーニングは口内環境を整えて歯の健康を維持することが目的のものです。

クリーニングとホワイトニングとでは、治療の目的や内容が違うので気を付けましょう。

歯茎が健康な状態であれば、クリーニングでの痛みや出血は基本的にありません。

ただし、歯茎の状態があまり良くない場合は痛みを感じる場合があるので歯科医師や歯科衛生士と相談しながらクリーニングを行いましょう。

クリーニングを行う間隔の目安は3ヶ月に1回です。

歯磨きが正しく行えていない場合は歯垢や歯石が付着しやすいので、短い期間で行う必要がある場合があります。

具体的な期間については、クリーニングを行う歯科医院で聞いて見てください。

○ホワイトニング

『ホワイトニング』 とは、黄ばんだ歯を漂白し、白くて美しい歯に仕上げることです。

人の歯は、外側からエナメル質・象牙質・神経の3層構造になっていますが、このうち象牙質は黄みがかった色をしています。

日本人は1番外側のエナメル質が薄いため、黄ばみがかった象牙質が透けやすいのです。

年齢を重ねるとエナメル質はさらに薄くなっていく一方で象牙質は厚みを増していくので、黄色くなった象牙質が透けることで、歯の黄ばみはどんどん強くなっていきます。

こうなると歯の表面の着色を取り除くクリーニングだけでは歯は白くなりません。

黄色くなってしまった歯を白くするには、歯の内部を漂白する 『ホワイトニング』 が必要になります。

一般的にホームホワイトニングの場合は約1年、オフィスホワイトニングの場合は3ヶ月~6ヶ月と言われていますが、やはり個人差があります。

毎日の歯磨きの回数や時間、食事や喫煙の習慣など、ホワイトニング後のケアにより効果の持続期間は違ってきます。

--------------------------------------------------------- 

dentaltools.jp歯科ポータブルデジタル式X線診断装置ホワイトニング照射器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

親知らず放置していて大丈夫?

突然ですが、『親知らず』 が痛くなったことがありますか?
私は去年あたりに親知らずが生えてきて、とても痛い思いをしました。
親知らずを抜くことは怖かったですが、勇気をだして抜歯して今は良かったと思っています。
今日はそんな親知らずについて話したいと思っています。

なぜ親知らずが痛みだすのか?
親知らずが痛くなる原因はいくつかあります。
まずひとつめに、親知らずは覆いかぶさっている歯茎を突き破って生えてきます。
歯茎が親知らずに押されて、突き破られる際に痛みが生じるのです。
また、親知らずが生える際に、隣の歯や神経など周辺の組織を圧迫します。
そのため痛みや違和感がでます。

ふたつめに、親知らずが生えてくると歯と歯茎の間にわずかなスペースができます。
ここに汚れが溜まりやすく、細菌が繁殖して歯茎が腫れて痛みが生じることが多いです。
ブラッシングが行き届かずお口の中にもともと細菌が多い人は、特にこのような歯茎の腫れや痛みが起こりやすいです。
さらに、親知らずが斜めや横向きに生えてくると隣の歯との間に余計な空間ができて、食べかすがたまりやすくなってしまいます。

食べかすがどんどん詰まってくると歯茎を圧迫してくるので、痛みが生じることがあります。
そして、親知らず自体が虫歯になっている場合です。
生えかけている親知らずは歯ブラシが細かなところにまで届きにくく磨き残しやすいので、虫歯になるリスクが高くなります。
虫歯菌によって、歯茎の腫れや痛みが起きている可能性も考えられます。
また、隣の歯が虫歯になってしまう可能性も高いのです。

では、痛みがでてしまった親知らずは抜くしかないのでしょうか??
まず親知らずがどんな方向や場所に生えているのかを確認するために、レントゲンやCTをお撮りする必要があります。
そしてこれは抜く際にそこまでリスクがない為に抜いた方がいいという場合と、神経や動脈と近いため麻痺などが出る可能性があると判断した場合は、消毒や投薬で様子をみるというケースもあります。
また炎症が強く起きてしまっている場合は、まず投薬や消毒をして炎症が治るのを待つ場合もあります。
いずれにせよ自分の勝手な判断で放置してしまうのは、一番してはいけないことです。
親知らずは虫歯になれば抜けばいいという場合がほとんどですが、その隣の大臼歯は人生においてずっと使う大事な歯なのです。

------------------------------------------------------------ 

dentaltools.jpエアーモーター根管治療用チップなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

口内炎

お口の中にできる病気といえば、『虫歯』 と 『歯周病』 が2大疾患です。
それ以外にお口に関するトラブルは、『詰め物・被せものの脱離』 『入れ歯の不具合』 『腫瘍』 『事故による打撲・歯の脱離』 『顎関節症』 『歯並びの不具合』 そして、『口内炎』 です。
口内炎のできる頻度には個人差がありますが、よくできる人にとって口内炎は本当に煩わしい疾患です。
お口の中に口内炎ができると、何もしていなくても痛かったり、しゃべったり歯がこすれただけでもひりひりします。
ましてや食事ともなると、酸っぱいものや辛いもの、スープなどの熱いものがしみて食事をとるものおっくうになってしまいます。
今回はできるとつらい、『口内炎』 について、説明していきます。
口内炎とは?
口内炎とは、頬の内側や舌の表面、側面、歯ぐきなどの粘膜部分に炎症が起きてはれたりただれたり擦りむいたような状態になっている状態のことで、病理学的には粘膜組織に炎症が起きている状態のことです。
風邪などの病気になっているとき、忙しくて疲れていたり寝不足など主に体の抵抗力が弱っているときに口内炎になりやすいです。
ほかにもビタミン不足や季節の変わり目にも口内炎になることが多いです。

口内炎の種類は?
口内炎には主に原因によって4つの種類があります。
1 アフタ性の口内炎
口内炎の表面が擦りむいたような状態で周りが少し腫れた状態になっています。
口内炎の中でも一番よくできるタイプです。
ビタミン不足、体調不良、睡眠不足などが原因となります。

2 カタル性の口内炎
口内炎の表面が傷になっていたり、赤く腫れて炎症をおこしている状態です。
原因は外傷性のものになります。入れ歯のバネや金具があたっていたり、合わない入れ歯や矯正の金具がこすれて傷になってしまったときにできやすいです。
また親知らずや歯並びの悪い歯が頬の内側に当たっていたり、虫歯で歯が欠けて鋭縁で軟組織を傷つけている場合もできやすいです。

3 ウイルスが原因の口内炎
ヘルペスウイルスなどによってできる口内炎です。
唇の裏や口角にできやすく、傷状ではなく水泡を伴って腫れてきます。
なかなか治らず、水泡部が破けてかなり痛みを伴います。

4 カンジダ菌が原因の口内炎
カンジダ菌に感染することで、口の中に白い口内炎ができます。
舌などに点状の白苔ができます。
この口内炎は痛みがありませんが、カンジダ菌はカビ菌の1種です。
主に口腔内が不衛生だと悪化しやすくなります。
また、このカンジタ菌による口内炎は、Candida albicansという菌ですが、正常でも口の中に存在します。
しかし疲れや体調不良など免疫力が低下した際に、この口内炎になることが多いです。
入れ歯が不衛生だと、カンジダ菌の口内炎になりやすいです。
年齢層としては、乳幼児や老人と妊婦で発症しやすいです。

5 白板症・口腔癌
口内炎とは違いますが、口の中の粘膜に白い瘢痕ができたり、爛れた部分が大きくなってきたり出血を伴うものは、口内炎ではなく、前癌病変の白板症や口腔癌の可能性があります。
白板症のWHOの定義によると、『摩擦によっても除去できない白い病変で、他のいかなる診断可能な疾患にも分類できないもの』 となっています。
中高年で発生しやすい疾患です。白板症は前がん病変なので注意が必要です。
口腔癌は頬の内側や舌にできます。
また進行のスピードが速く、病巣の形が明瞭ではありません。

口内炎の予防方法
口内炎には上記のようにいろいろな原因と種類がありますが、基本的にはお口の中を常に清潔にすることが大切です。
食後や就寝前には歯を磨いて歯垢や食べかすを取り除きます。
マウスウォッシュを使用してうがいをする事も効果的です。
寝不足や疲れ、ストレスも口内炎の原因なので、普段から規則正しい生活習慣を身につけましょう。
入れ歯をしている方は、毎日丁寧に入れ歯を磨いて清潔にしましょう。
市販の入れ歯洗浄剤も定期的に使用すると効果的です。
入れ歯を入れて痛みがあったり不具合があれば無理に使い続けず、歯科医院で診てもらいましょう。

口内炎の治療方法
口内炎になってしまうと、すぐにもとに戻すことは難しいです。
イソジンなど殺菌効果の高い洗口剤を使用したり、口内炎の軟膏を塗布して痛みを緩和させます。
過度の香辛料の使用や刺激物、酸性度の高い食べ物・飲み物は避けるようにしましょう。
たばこも口内炎の治癒を遅らせることになるので控えましょう。
直接的な治療としては、歯科用のレーザーを当てることで、痛みを和らげたり治癒を促進させることができます。(保険外治療)
口腔カンジダ病では、抗真菌薬を処方します。
また、白板症や口腔癌が疑われる場合は、速やかに大学病院の口腔外科に紹介致します。
以上、口内炎について説明しましたが、通常の口内炎であれ
ば1週間から10日程度で自然に治ります。
もし、いつまでたっても治らない場合は、一度歯科医院を受診して口の中を診てもらってください。

--------------------------------------------------------- 

dentaltools.jp歯科用マイクロスコープ顕微鏡超音波洗浄器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。

歯を守るってなんだろう?

今回は歯の予防についてお話をさせていただきます。

<『歯を守る』ためには予防することが大切になります>

そもそも予防というとなんでしょうか?

辞書をひくと【悪い事態を生じないように気をつけ、前もって防ぐこと。】とあります。 (オクスフォードより引用)

では悪い事態とはなんでしょうか?

それは医療の現場では病気になることだと考えることが一般的ですよね。

たださらに深堀りすると病気にならないようにすること以外も含まれます。

病気を未然に防ぐ1次予防

早期発見早期治療の2次予防

病気の重症化や再発など、病状の悪化への3次予防

以上のようにステージによって予防の概念が変化していきます。

それでは歯の予防です。

まずは歯を壊すものがなにか知るところから始まります。

しかしものすごく幅広く、奥深く、未解決なもののほうが未だに多いと思います。

ただ大枠を知っておくことは重要です。

歯を壊すものは力と細菌です。

細菌はものすごく有名です。チェックしやすいからです。

ただ細菌を完全になくすことはできません。共存です。

病気になる閾値という考え方がとても大切になってきます。

『問題を起こすレベルまで細菌数を増やさないということです。』

例として被せもの質が大きく影響します。

いくら良い材料を用いたとしてもその材料と歯の間に隙間があって磨けない場合は

そこから病気が発生します。

『隙間』は文字通り“つけ入る隙”になるわけです。

ちなみに日本では根管治療の8割が再治療だそうです。これにはやはり従来の方法につけ入る隙が多かったからかもしれません。

同様に『問題が起きるまで、力の負担をかけ続けない。』ということです。

害のある負担がどのようなものかわかっているものもあります。

『干渉』というものです。

教育で過干渉が良くないように歯にも過干渉はよくありません。

その過干渉は悪いかみ合わせからきます。

悪いかみ合わせは先天的なものと後天的な原因の両方があります。

先天的なものは受け継がれるものなのでしようがありませんが、

後天的なものは知っていれば、良い方向にもっていくことは可能です。

本当に日々の生活習慣を見直すことから始まるんです。

さらにかみ合わせにおいてバーティカルストップやアンテリアガイダンス

といった要素も大切になってきます。

奥歯がしっかり噛んでいること、顎を横に動かしたときに奥歯が前歯のおかげで離開するということです。

人の手が全く手の加えられていない口腔内の予防と、

治療されたことのある口腔内の予防ではまったく難易度違います。

細菌を繁殖させない隙間、と無駄な負担をかけないこと。

繁殖させたとしてもレベルを下げられる環境。

負担が可能な限り軽減できる環境。

長く健康でよく食べれて、よく笑え、よく話せること。

ともに素晴らしい健康生活を維持していきましょう。

-------------------------------------------------------------- 
dentaltools.jp歯科用口腔内カメラ歯科用LED光重合照射器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。