牛フィレ肉の鉄板焼き

見るからに美味しそうなミディアムレアに焼かれたお肉の色
柔らかくて美味しい
赤ワインソースともよく合ってます

f:id:massimilian:20170731123511j:plain

知覚過敏とは

 知覚過敏とは、むし歯ではないにもかかわらず、歯が主に冷たいものなどの温度刺激によって過敏に反応してしまい、一時的に痛みを伴うものをいいます。一般的には成人以降に見られ、歯周病の進行に伴い、歯茎が下がることによって歯の根元に起こる場合が多く見られます。もともと歯茎から出ている歯の部分というのはエナメル質に覆われているため、温度刺激を受けてもしみることはありません。しかし、歯周病などにより歯茎が下がると、エナメル質の層がない歯根が露出し、その部分から刺激を感じ取りやすくなるのです。(ホワイトニング照射器

f:id:massimilian:20170731115338j:plain

知覚過敏の症状はどんな感じ?

 知覚過敏の症状で最も多いのは「冷たいものでしみる」というものです。冷たい飲み物やうがいの時の冷たい水、そして冷たい空気でもしみます。また、冷たいものだけでなく、甘いものや味の濃いもの、酸味の強いもの、熱いものでしみることもあります。しかし、いずれの場合でも、しみる症状は一時的なもので、長くて1分もせずに治ってしまうことがほとんどです。そして、刺激を与えなければ痛むことはありません。(オートクレーブ 歯科

歯茎の色を健康なピンク色にする方法

歯肉炎を改善させる

自宅で丁寧なブラッシングを

歯肉炎によって歯茎が変色している場合は、自宅でブラッシングする際に歯と歯茎の境目をしっかりと磨いてあげることです。歯垢が蓄積しやすい箇所を丁寧に磨いてあげることで、歯肉炎を悪化させるのを防ぎます。

歯医者さんでのクリーニング

歯医者さんでは、セルフケアでは落とせない歯垢もクリーニングによってきれいに落とすことができます。検査を受けて歯周病であると診断されたら、保険内で受けることができます。歯磨きでは落とせない歯石を「スケーリング」という手法で除去してくれます。(歯科用バイブレーター

f:id:massimilian:20170707153814j:plain

 ガムピーリング

歯茎の黒ずみをきれいに改善させる方法として「ガムピーリング」という手法があります。歯茎の古い皮質を剥く(ピーリング:peeling)ことで、新しい皮質に生まれ変わります。きれいなピンク色の歯茎にしたいという方に適しています。

ガムピーリングの流れは、まずは歯肉をきれいに消毒してから、痛みを和らげる表面麻酔(塗る麻酔)を塗り、薬を塗布して洗浄、乾燥、という手順で行っていきます。レーザーを使った治療を行うこともあります。(歯科用マイクロスコープ

ガムピーリングの後はお口の中を清潔にして、食事の際は刺激の強いものは避けるようにする必要があります。また、タバコも控えなければいけません。

ハンバーグ

予定にはありませんでしたが特別に出してもらいました
見るからに美味しそうなハンバーグ
当然のことながら味も言うことなしの美味しさでした

f:id:massimilian:20170630172645j:plain

舌苔と口臭のよくある質問

舌苔(ぜったい)を取れば必ず口臭はなくなりますか?

舌苔(ぜったい)は口臭の原因の一つですが、原因のすべてではありません。歯周病歯垢(しこう)、あるいは扁桃腺(へんとうせん)付近にできる膿栓(のうせん)なども原因の一つです。これらが複雑に重なって、口臭というものは発生しています。ですから、舌苔(ぜったい)を取ったからといって必ず口臭がなくなるというわけではありません。(超音波洗浄器

ちなみに、口臭の一番の原因は歯周病です。つまり、口臭対策としては歯のケアが一番大切ということになりますね。

f:id:massimilian:20170630170834j:plain

舌磨きのタイミングは歯磨きの前と後どっちが正解なのですか?

いろいろなサイトで、舌磨きのタイミングが書かれています。しかし、あるサイトでは「歯磨きの前にやると逆効果」と書かれており、かと思えば「歯磨きの後にやると逆効果」と書いてあるサイトもあって混乱している方も多いでしょう。

このような矛盾が起きてしまうのは、すべて歯磨き粉が原因です。

舌磨きにおいて絶対に避けなければいけないのは歯磨き粉を使った舌磨き。研磨剤などの成分によって舌の表面が傷つき、むしろ舌苔(ぜったい)がつきやすくなってしまうためです。(ハンドスケーラー

歯磨きをした後は口の中に歯磨き粉の成分が舌に付着しています。ですから、『歯磨き後の舌磨きは駄目』だとなるわけです。しかしながら、口の中が汚れた状態で舌磨きをするのもまた良くないので、『歯磨き前の舌磨きは駄目だ』となります。

つまり、1番いいのは『歯磨きをした後に十分口をゆすいでから舌磨きをする』ことです。最低でも10回ぐらいは口をゆすいで、完全に歯磨き粉の味がしなくなってから、舌磨きを行いましょう。

豚バラと野菜の味噌炒め

ニラ玉
厚揚げチーズ
ざく切り春キャベツ
味噌汁
ご飯

f:id:massimilian:20170615125830j:plain